AppBankの怒涛の快進撃

AppBankは2012年に設立したばかりのまだ若い会社です。
それなのに設立から間もなくとてつもないスピードで飛躍し、今現在では誰もが知る会社となっています。
その怒涛の快進撃を紹介したいと思います。

まずAppBankを語るうえで欠かせない最近の活躍と言えば、大人気ゲームアプリのパズドラ関係です。
会社の設立は2012年1月ですが、その年の6月にパズドラ究極攻略データベースをオープンしています。
今でこそパズドラは大人も子供も誰もが夢中になっているゲームで非常に高い知名度がありますが、当時は一部の熱狂ユーザーが対象となっていました。
パズドラのその後の進撃を予知しているかのようにこの攻略データベースをオープンすることで、その後の活躍がどんどん高まっていったわけです。

翌月にはMM総研大賞の最優秀賞を受賞し、それまで鎌倉に置いていた本社を今の新宿に移動することになりました。

そしてiPhone対象のパズドラ攻略アプリ、Android対象アプリをリリースし、パズドラ人気の中様々なサービスを開発、提供することになっていきます。
自社ストアもどんどん展開していて、うめだ店や新宿店、八重洲や池袋パルコ店をオープン、2013年末にはサイトのPVが1億を突破するという異例の事態にもなりました。

2014年になるとパズドラに並んで人気となりつつあったモンストに着目して攻略サイトをオープンします。
数多くあるゲームアプリの中で確実に飛躍して多くの人の心を掴むであろうゲームを見極める力は、それだけプロが集まっている会社であることを証明しているのではないでしょうか。

その後もどんどんストアを展開し続けていて、多くの人に愛され支持されています。

立役者でもあるマックスむらいは、時代に合わせた手法で様々な功績を残し続けています。
もともと自身のブログ上で行っていたユーザーとの交流は、時代の流れと共に動画やツイッターなどを利用することで更に情報伝達方法も増え多くの情報を多くの人が共有できるようになりました。
今現在のネット社会の背景にあるのは、こういったマックスむらいの手法が手本になっているとも言えます。

他では決して得ることのできない非常に濃密で貴重な情報の数々は常にファンやユーザーを感動させ喜ばせてくれます。
これまでの怒涛の快進撃は真似をしようと思ってもなかなか出来るものではありません。
AppBankはこれからも更に飛躍し続けていくのではないでしょうか。